福岡市雇用労働センター

内閣府 厚生労働省
福岡市雇用労働相談センター

知識あれば、憂いなし

お知らせ

 すべてのサービスを無料で提供 
国家戦略特区のサービスだから、安心してご利用いただけます。


御社の労働管理、本当に大丈夫ですか?

労務管理
労務管理

会社にとっても、労働者にとっても、
後でトラブルになってからでは取り返しがつきません。


労働関係のトラブルを未然に防ぐ2ステップ

雇用トラブルを未然に防ぐ2ステップ

こんな人にオススメ

雇う人
  • まだ社員を雇用していないので大丈夫だと思っている人
  • 問題になったことがなく、きちんとした専門家に相談したことがない人
  • 将来目指しているIPOの労務管理を、しっかり押さえておきたい人
働く人
  • そもそも、自分の権利が守られているか漠然と不安な人
  • 実は、雇用契約書、就業規則を見たことがない人
  • 見たことはあるけど、中身について、きちんと理解したい人

相談者からの高い満足度

相談者からの高い満足度
※出所:2016年度FECC相談者アンケート

グローバル相談可能

グローバル相談可能
>>詳しくはこちら

相談者の声

相談者

人材紹介のスタートアップ経営者Aさん

"インターンをさせてください"と学生から問い合わせがあったのですが、インターンはどのように雇えばいいのか教えてほしい。バイトになるのか、雇用になるのか分からない。
FECCに相談したら、雇用契約書までカスタマイズしてくれて、本当に助かりました。
しかも、無料なんて、スタートアップにとっては、本当にありがたいですね。
相談者

ベンチャー企業の従業員Bさん

転職したんですが、入社前に自分が想定していた業務内容と少し違う気がして、モヤモヤしてたんです。
FECCに相談したら、労働者の権利として、できること/できないことが明確になり、スッキリしました。
一度、会社と話し合ってみますけど、前向きに働いていけそうです。
弁護士って専門が色々あると思うんですけど、FECCは労務に詳しい先生が揃っているから安心して利用できますね。
相談者

"自分は関係ない"と思っていたベンチャー経営者Cさん

会社を大きくしようと思い、社員の人数が増えるのですが、今の就業規則のままで良いか見直してほしくて。
FECCを薦められて就業規則を見てもらったら、実際に弁護士の先生にウチの会社まで来てもらい、実態を把握された上で就業規則の見直しについてアドバイスしてもらえました。
相談者

現地法人を設立する外国企業幹部Dさん

正直、日本の雇用ルールって外国企業には、理解しにくいところがあって。
現地法人といっても最初は少人数だし、お金も掛かるから労務は後回しでいいやと思ってました。
そんなときFECCを知ったんですが、無料相談が英語も中国語でもできるので、本当に助かりました。
先日、英語のセミナーにも参加させてもらいましたが、他のグローバル企業の方々ともディスカッションできて、非常に勉強になりました。

アクセス

福岡市国家戦略特区
福岡市雇用労働相談センター

〒810-0041 福岡県福岡市中央区大名2-6-11 FUKUOKA growth next 1F(大名小学校跡)
TEL:080-1001-4687
 / 
080-1001-4675
 / 
ご利用の際は福岡市スタートアップカフェに直接お越しください
※事前の予約は不要です
営業時間:火曜日~日曜日 11:00~21:00
休  日:月曜日、国民の祝日および年末年始(12/29~1/3)

参考資料

お問い合わせ、相談依頼はこちら

下記フォームに必要事項を入力後、確認ボタンを押してください。

お名前
お名前 ※必須
ふりがな ※必須
メールアドレス ※必須
メールアドレス確認 ※必須
会社情報
会社名 ※必須
郵便番号
住所 ※必須
建物名など
電話番号(半角) ※必須
業種 ※必須
相談内容
項目 ※必須
相談内容

※必須
 

※IPアドレスを記録しております。いたずらや嫌がらせ等はご遠慮ください
※この画面で入力した個人情報は、相談対応のためにのみ利用・提供し、その他目的での利用・提供はいたしません。