現在、株式会社COTENの代表でもあり、他社のCXOも務めていらっしゃる深井さんにご登壇して頂きます。深井さんの様々な経験談を元に、ベンチャースピリッツを持った組織づくりをするための工夫や、採用、試用期間の設け方等、ご説明します。
アントレプレナーシップを持った人を採用したほうが良いと言われている中、果たしてのような人材がアントレプレナーシップを持っているのか、またそのような人材を採用することで、組織がどのように飛躍できるか考えてみませんか?
福岡はベンチャー企業も多く、従業員を雇用する企業が増えている中、採用をする際に、何に重きを置き、どのような試用期間を設けることで、使用者・労働者ともにwinwinな関係性を築ける組織づくりを考えてみませんか?また、副業など多様な働き方が広がる中で、労務管理上、注意するポイントについてFECCの弁護士が説明します。
 
 

【登壇者】
株式会社COTEN 代表取締役
 深井龍之介 氏
FECC弁護士 如水法律事務所
 橋本道成 氏
FECC弁護士 紫牟田国際法律事務所
 隈慧史 氏
 

【タイムテーブル】
18:30 開場
18:35 司会挨拶・登壇者紹介
18:40 ・深井さんの体験談
    ・多様な働き方とは?
    ・多様な働き方に対応した労務管理の注意点
20:00 質疑応答
20:30 名刺交換会
 

【開催日】
2018年2月8日(木)
 

【開催場所】
STARTUP CAFE内セミナールーム (旧大名小学校)
 

【対象】
どなたでも参加可能
 

【定員】
40名 入場無料
 

【主催】
福岡市雇用労働相談センター
 

【お申し込み】
下記のどちらからもお申込みいただけます。
・電話:080-1001-4675
・メール:info@fukuoka-ecc.jp
・Facebook:FECCのFacebookイベントページ
(https://www.facebook.com/events/1766840186693710/)